三重県津市 丸の内の眼科。白内障、緑内障、網膜剥離の治療などの一般眼科、小児眼科の診療を行っています。
プライバシーポリシーサイトマップ
PCからのご予約はこちら代表tel 059-271-8811予約専用(音声案内)tel 059-271-8818
〒514-0028 三重県津市東丸之内21-6
木曜日・日曜日・祝祭日 休診
メールでお問い合わせはこちら
津市丸の内眼科医
丸の内まつなが眼科 〒514-0028 三重県津市東丸之内21-6
木曜日・日曜日・祝祭日 休診
tel:059-271-8811(代) | fax:059-271-8812
HOME > 手術情報

手術情報

乳幼児から、高齢者までさまざまな目の病気をご紹介します。

手術室のご案内

手術待合室などのインテリアデザインは、
患者様にリラックスして手術を受けていただけるよう
暖かみのあるフローリングなどの色調で整えてあります。

目の手術方法のご案内

水晶体の病気

白内障の手術

日常生活に支障があるほど白内障が進行すると、手術が行われます。
主に、超音波で振動する吸引管を挿入して濁った水晶体を取り除き、眼内レンズ(人工水晶体)を挿入する超音波水晶体摘出術を行います。

水晶体の核を丸ごと取り出す水晶体嚢外摘出術です。

手術に際し、手術方法やその後治療計画や生活などについて、詳しくじっくりご相談させて頂きます。何なりとご相談下さい。

当院では、超音波水晶体摘出術、顕微鏡を使った手術を行います。
治療・手術の方法は、院長とよくご相談ください。

後発白内障の治療と手術

濁った水晶体嚢の後ろ側、見え方に関係する部分にレーザーで穴をあける「レーザー後嚢切開術」を行います。外来通院での施術・治療が可能。
手術は、点眼麻酔のうえ1回15~30分程度で終了します。
治療による痛みはありません。
通常は1回で終了しますが、複数回必要となる場合があります。
散瞳下での治療が必要ですので、施術後は車やバイクの運転はできません。

緑内障

緑内障の治療と手術

  • 点眼薬 緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方します。
  • レーザー治療 虹彩(茶目)に孔を開けて、眼内の房水の流れを変える方法と、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するためのレーザー治療の2種類があります。いずれも外来にて行います。
  • 手術 手術は、点眼薬を使った薬物療法、レーザー治療が功を奏さなかった場合に行います。
    手術で症状が改善されるのではなく、眼圧を下げて進行を阻止することが目的です。
    手術後も、緑内障の管理のために定期的な受診が必要となります。

網膜・硝子体の病気

網膜症の治療と手術

初期の段階では、血糖のコントロールが大切です。
中期の段階では、レーザーで眼底を焼く「網膜光凝固術」が行われます。
目的は、新生血管の発生の予防、新生血管を減らし、網膜症の進行を阻止すること。
早い時期であれば、網膜光凝固術はとても有効で、将来の失明予防のために大切な治療となります。
硝子体手術は、レーザー治療で網膜症の進行を予防できなかった場合、すでに網膜症が進行して網膜剥離や硝子体出血が起こった場合に行われる治療です。

当院では、最新の無散瞳眼底カメラにて目の奥(眼底)を検査しています。
眼底検査により早期発見・早期治療が可能となり、失明の予防につながります。また、患者様の進行状態に応じて、院長が松阪市民病院にて手術を行います。早めにご相談ください。

網膜剥離の治療と手術

網膜にできた裂け目をふさぐ処置として、レーザーによる網膜光凝固術で進行を抑えることが可能です。
すでに網膜剥離が発生してしまった場合、多くは手術が必要となります。
網膜剥離は治療せずに放置した場合、失明する可能性の高い病気なので、早期発見が重要となります。
飛蚊症や光視症のような症状を自覚した場合、早めに当院にお越しください。
また、患者様の進行状態に応じて、院長が松阪市民病院にて手術を行っています。

網膜静脈閉塞症の手術

外来通院での治療が可能。
点眼麻酔をして、1回15~30分程度の時間で終了します。
進行の具合によって、数回に分けて治療をします。
散瞳下での治療が必要ですので、治療後は車やバイクの運転ができません。
また、レーザー治療は網膜の細胞を焼く(減らす)治療ですので、個人差はありますが治療後視力が低下します。

黄斑変性症の手術

点眼、結膜下麻酔の後、眼内に注射薬を注射します。
入院の必要はございません。注射後、薬剤は眼球内にしばらく留まり、効果は数週間持続します。
1回で新生血管の活動性が治まることは少なく、初めは1ヶ月毎に3回の注射を必要とします。
その後は、再発の際に追加投与を行います。

黄斑浮腫の手術

外来通院で治療が可能。点眼麻酔をして、1回10分程度の時間で終了します。
進行の具合によって、再度治療をします。
太い針を使って懸濁液を注射する必要があるため、白目の一部をわずかに切って注射します。
そのため、治療後に充血(結膜出血)が起き、血性の涙が出ます。
注射当日は眼帯をしますので、治療後の車やバイクの運転はできる限り控えてください。

その他の病気

鼻涙管閉塞症の手術

閉塞している鼻涙管の中に、小さな内視鏡を挿入します。
内視鏡から映し出された映像を見ながら鼻涙管を観察し、閉塞している場所を正確に確認した上で、内視鏡で直接開放していきます。
鼻の空間(鼻腔)まで開放できた後に、再閉塞の予防の目的で、涙管チューブを挿入します。
このチューブは手術後2ヵ月ほど留置し、その後鼻腔から抜き去ります。
一般的には、5~15分間ほどの安全な手術ですが、過去に強い炎症(涙嚢炎)を起こしたことのある場合、鼻涙管に影響する怪我をしたことがある場合、鼻涙管の再閉塞の場合などは、手術時間が通常より長くかかる場合があります。
点眼麻酔、涙嚢内麻酔をしますが、手術中に強く痛みを感じられた場合は、注射での麻酔(滑車下神経麻酔)を追加します。